hideさんがいなければ、このお店はありませんでした

hide

今日はhideさんが旅立たれた日

好きな日ではないけど

あなたのことを想って過ごします

hideさんがいなければ

僕は音楽を好きになっていなかった

今のお店を始める時も

あなたの曲が僕を後押ししてくれた

 

デタラメと呼ばれた君の夢の

続きはまだ 胸の中で震えてる

 

ありがとうございます

GLAYを愛する人

I want you  I want you  I want you
生きてくことは
愛すること 愛されることと

 

GLAY好きなマスターがいるバーで
みんなでGLAYの曲を歌って盛り上がりませんか?

 

LINE_ALBUM_220429
GLAY コラボのRed Bullあります。
非売品

 

GLAYファンクラブ会員限定でしか手に入らないTERUさん監修の日本酒が飲めるBar

TERU日本酒
HAPPY SWING25周年を記念して会員限定で販売された日本酒です。
約35年ぶりに函館に誕生した酒造「箱館醸造」と
GLAYのコラボレーションによる日本酒が誕生!

TERUさんが何度もテイスティングを重ねて監修した、
雪解け水のような透き通った”純米吟醸”と
ひらひらと舞い散る雪をイメージした”純米吟醸にごり酒”の2種類です

GLAYの楽曲「Winter,again」からインスピレーションを受け、
雪の降り積もった北海道の雪景色をイメージしたラベルのセンターには、
TERUさん直筆の「再雪」の文字を印刷

“GLAYの地元・函館の美味しい日本酒をファンの皆様へ届けたい”
という想いから生まれた日本酒です

5/7 hide MEMORIAL チャリティーイベントやります!

5/2はhideさんが亡くなって24年になります

この悲しい日はどれだけ年月が流れても
辛い日には変わりません

hideさんがいなければ
僕は音楽に出会っていませんでした。

中学生のときに友人に連れてられてhideさんのコンサートにいきました。
しかし、チケットを持っていなかったので
会場に入ることはできませんでしたが、
会場から漏れてくる音。音漏れを聴いていました

そのときに僕たちの他にも音漏れを聴きに来ているファンの方達がいました。
激しいメイトに派手な衣装。hideさんのコスプレをしている人たちに
ヴィジュアルショックを受けましたが、

この人たちを魅了するhideさんとはどういう人なのだろう?という興味を持ち始めました。
それからhideさんの曲を聴くようになりX JAPANを好きになり、音楽を好きになりました。

そんなhideさんへの感謝の気持ちを持って
5/7はイベントを開催したいと思います。

また、今回のイベントはチャリティーイベントにさせていただきます。

現在、ロシアがウクライナに侵略したことにより
それまで平和に暮らしていた一般市民が被害にあっています。

僕はこのニュースを毎日のように見ていて
それぞれに事情があるでしょうし、
政治的なことは僕にはわかりませんが、

一般市民が巻き込まれ、
多くの人が亡くなっている現実がつらく思います。

特に子供たちが巻き込まれている姿は耐え難いものがあります。

この戦争がいつ終わるのか、どのような形で終わるのか
僕にはわかりませんが、

戦争が終わった後の復興に僅かなりの支援ができればとの想いで
今回のイベント売上を全て寄付することに決めました。

僕のできることは微々たるものですが、
何かの役に立つことができれば幸いです。

そして、
今回の戦争で亡くなった多くの方のご冥福を祈ります

 

NUMBER ONE爆寸酒場 支配人
柳利幸

 

カラオケでX JAPANばかり歌っても誰も怒らない店 Rock & カラオケバーNUMBER ONE

m612x918

友達とカラオケに行ったときに
どうしてもX JAPANの曲は歌いにくい

そんな時がありませんか?

X JAPANの曲は長いし、
ファンじゃなければマニアックで知られていない曲が多い

だから、
いつも遠慮して思いっきり歌えていなかったりしませんか?

NUMBER ONEでは
その悩みを解消できます

なぜなら、
NUMBER ONEにくるお客さんは
みんなX JAPANのファンだから!

ART OF LIFEを歌っても
だれも文句を言いません
むしろ、盛り上がってしまいます

そんな、
NUMBER ONEではあなたのご来店をお待ちしています。

5/7 hide MEMORIAL開催決定!

hideイベント
hide さんが亡くなってから24年

あなたがいなければ僕は音楽に出会わなかった

僕が音楽を好きになるきっかけを与えてくれたのはhideさんでした

僕が中学1年生だったころ、友人に連れられて
hideさんのコンサートに行きました。
しかし、会場には入れませんでした。

なぜなら、チケットを持っていなかったからです
友人と僕は会場からもれる音を聞いていました

そのときに、他にもファンの人たちが集まっていて
音漏れを聞いていたのですが、

その人たちの服装、格好が衝撃でした。
みんなhideさんのコスプレをしている人たちで
僕はビジュアルショックを受けました。

そのときに
「この人たちを魅了しているhideという人はどんな人何だろう?」と
興味を持ち始めました。

その後、友人にhideさんの曲を聞かせてもらいハマっていきました

 

hideさんがいなければ
僕は音楽を好きになることがなかったし、

こうしてBarを始めることもありませんでした。

そして、いろんな縁のおかげで
今もお店にはたくさんの人が来てくれています。
hideさんがいなければ
今の僕はいません

そんな想いをのせてイベントを開催します

今回は少し変わったことを企画していますので
詳しい詳細は後日
興味のある方は
LINE登録していただけると
確実に情報をゲットできます

友だち追加