11月も本当に最終日を迎えたんだなぁー

11月も本当に最終日を迎えたんだなー

明日は12/1
NUMBER ONEの日ということで
LINE公式アカウントを登録のお客さんには
チャージ無料にさせていただきます。

またLINE公式アカウントでは
お得な情報や楽しいイベントを案内させていただきますので登録おねがいします。

menu011
NUMBER ONE 爆発寸前的酒場
大阪市淀川区西中島3-14-3 白石ビル2階

トップページ

毎週金土は爆寸劇場 爆発寸前的なショーを行います

いよいよ明日はWEEK END金曜日

爆寸劇場の日です

22時から爆発寸前的なショーを行います。

あしたはやなぎのチャレンジ企画と子X Rockショーです

今夜も20時から限界までオープンしてます

menu010

NUMBER ONE 爆発寸前的酒場

大阪市淀川区西中島3-14-3 白石ビル2階

090-3656-9390

#バンド演奏ができるbar

#爆発寸前的酒場

#新大阪

電子ピアノが届きました

【電子ピアノが届きました】

おはようございます
X JAPAN、LUNA SEA、GLAYなど
90年代J-Rockが好きな人が集まるBar
NUMBER ONE 隊長のやなぎです。

NUMBER ONEは11/20に移店してリニューアルオープンします
移店への想いを語りました

ついに電子ピアノが到着しました。
ピアノが弾けるお客さまはぜひ弾いてください

今のお店は11/14まで営業する予定です
これからも応援よろしくおねがいします。
NUMBER ONE
〜爆発寸前〜
11/20 リニューアルオープン
大阪市淀川区西中島3-14-3 白石ビル2階
090-3656-9390

#バンド演奏ができるbar #numberone #西中島
NUMBER ONEは今日も20から26時まで営業してます

We are X!

【NUMBER ONE無敵オンラインサロン立ち上げ】

NUMBER ONE~無敵と書いてEXTASYと読む~のオンラインサロンという名のグループラインを立ち上げることにしました。

あるメンバー(NUMBER ONEではお客さんのことをメンバーと呼んでる)の要望もあったのでメンバー同士の交流の場として使えるグループラインをつくりました。

オンラインサロンと呼んだ方がかっこいいので、NUMBER ONE無敵オンラインサロンとします。

参加条件はお店に来たことがある人なら誰でもOKです。

希望者はラインください
【YouTubeはじめました】
X JAPAN、LUNA SEA、GLAYなど
90年代を輝かせたROCKミュージックを中心とした情報を発信する
音楽バラエティーチャンネルをやってます。
興味のある方はご覧ください。
【おすすめ動画ベスト3】
☆ベスト1
X JAPANの歌詞から曲名を当てるクイズを子Xとやった結果

☆ベスト2
hideちゃんのフィギュアを取りにラウンドワンのUFOキャッチャーに行ってきた

☆ベスト3
hide好きな美容師がいる美容室Hyde Parkに行ってピンク頭にしてもらいました

★X JAPAN、LUNA SEA、GLAY、尾崎豊、BOOWYなど
90年代ROCKが好きな人が集まる バー をやってます

【90年代J-Rock Bar NUMBER ONE】
大阪市淀川区西中島3-16-15
Refuge NISHINAKAJIMA 5F
090-3656-9390 柳

#バンド演奏ができるBar
#ギター #ベース #ドラム #ピアノ
#XJAPANのファンが集まるbar
#NUMBERONEチャンネル
#hide #YOSHIKI #Toshl
#XJAPAN #LUNASEA #GLAY
#ラルク #黒夢 #BUCKTICK
#SOPHIA #Bz #イエモン
#ミスチル #ジュディマリ
#ラクリマ #ハイスタ #マッド
#BOOWY #尾崎豊

11/20にリニューアルオープンします

告知ポスター01
NUMBER ONEを2016年8月にオープンしてから4年と3ヶ月

いよいよNUMBER ONEも次のステージに進みます。

去年の3周年の時にもお話ししたのですが

お店に演奏スペースを作ります。

ずっと実現したかった夢がまたひとつ叶います

僕がNUMBER ONEを始めたきっかけがX JAPANとの再会でした。

僕は中学生の時にX JAPANに出会い、そこから音楽が好きになりました。

将来は音楽で飯を食べていきたいと考えたこともあるぐらい音楽にのめり込みました。

高校生の時にアルバイトで稼いだお金はCDを買うお金に消えていました。

とにかく激しいバンド、刺激を求めていました。CDショップに行けば1日中そこにいて、かっこいいCDジャケットがあれば一か八かジャケ買いしていました。

ジャケ買いしてかっこいいバンドを見つけたときの感動。今の時代には得られない感動です。

そのCDを友達に紹介して友達も気に入ってくれたときの高揚感。なんとも言えない感動がありました。

あのときは同じような音楽を好きな仲間が集まり、夜通し音楽の話をしていました。

僕の仲間にX JAPANのコピーバンドをしてる人がいて、Art of Lifeという30分ある曲をライブでやったぐらいの変態バンドがいたけど、そんな仲間のバンドにも僕はステージに立つと負けないと思っていた。

演奏力もない下手くそバンドだけど、ライブにかける気合いと情熱は負けていないと思ってた。今思えば若かった。

でも、なんだかわからないけど自信はあった。

根拠のない自信だけで誰にも負ける気がしなかった。無敵だった。

そんな青春時代を過ごした僕も大人になり20代後半に差し掛かった時には夢より仕事を優先して音楽のことを忘れていった。

あれだけ持っていたCDや楽器や機材も、音楽に関わるものすべてを売り払った。もう音楽のことは忘れよう。そう思っていた。

仕事に没頭していた僕だけど、なにか満たされない日々を過ごしていました。(pure soul状態)

仕事で抱えたストレスをキャバクラで発散していたこともありました。どれだけ稼いでも心が満たされず、その穴を埋めるために散財。

自分が何をしたいのかわからずに生きていました。

そんなときです。

たまたまYouTubeでX JAPANの「JADE」を見ました。衝撃を受けました。

その当時の僕はX JAPANが復活していたことも知らず、SUGIZOがX JAPANのメンバーになっていたことも知りませんでした。

ひさしぶりに見たX JAPANがかっこよくて、また音楽を好きになりました。

この気持ちを分かち合える仲間がほしい。

だけど、僕のまわりには音楽好きな仲間がいなくなっていました。

同じ思いを持った人が集まる場があれば、また10代の時のような仲間が集まってくるのではないか?

その思いでBarを始めることを誓ったのです。

だけど、

こんなBarをやりたいと人に話すと

「そんなのうまくいかない」

「すぐにつぶれる」

ほとんどの人は僕の考えが甘すぎると否定的な意見をしてきました。

たしかに、うまくいくと思えない。

赤字の月も続くだろう。

だけど、どうしてもやりたかった。

やりたいことが見つかったのに、何もせずに諦める方が難しかった。

やってみてうまくいかなかった方が諦めがつく。

そんな思いでNUMBER ONEをオープンすることにしました。

お店をオープンしてからも順調にはいきませんでした。

昼間10~17時までアルバイトして、夕方は18~22時までまた別のところでアルバイトして、

NUMBER ONEは23~5時まで営業していました。家に帰る暇もないのでお店で寝てました。

それでも、お店は赤字でお客さんの来ない日々が続いてました。

それでも諦めずにお店を続けてきたのは、好きな音楽を語り合える仲間がいたから、初めて会った人でも共通の音楽が好きということですぐに仲良くなれた。この場があったから出会えた仲間がたくさんいます。

本当に続けてきてよかったと思います。

それでもこのコロナ渦で諦めようと思ったことは何度もありました。赤ちゃんができて、高齢出産、子育て、ただでさえ不安な中、正体不明なコロナウイルス。

一度、お店を閉めて落ち着いてから再開するということも考えました。完全にお店を閉めて就職することも考えました。

家族を養うために夢を諦めて就職する選択もありました。だけど、ふと思ったのです。子供が大きくなったときに

「お父さんはやりたいことがあったけど家族を養うために諦めたんだ」と子供に言うことになるのではないか?そんなことを言われた子供は親を尊敬できるだろうか?

僕の考えは違った。

僕が子供の立場なら親には

「お父さんはやりたいことがあったけど家族を養うために昼間も働いてなんとか家族を養う分はがんばって稼いで、家族に迷惑をかけることにあったけど、だけど、諦めずにやりきった結果。お父さんは夢を叶えることができた。だから、もしやりたいことがあるならお父さんは子供の夢は全力で協力するし応援するよ」

と言ってもらいたい。

僕は親として子供には夢が叶うんだ。と、親が夢を叶えている姿を見せてやりたいと思っています。

子育てと両立しながら

このコロナ渦で大変な状況ではありますが

諦めずに負けずにがんばろうと思います。

これからも応援よろしくおねがいします。

NUMBER ONE

〜爆発寸前〜

11/20 リニューアルオープン

大阪市淀川区西中島3-14-3 白石ビル2階

090-3656-9390

#バンド演奏ができるbar #numberone #西中島

9/19のLUNA SEAは初のホールワンマンライブ

1991年9月19日「UNDER THE NEW MOON TOUR EPISODE II FINAL」at 日本青年館

 

29年前の1991年9月19日、初のホールワンマンライヴが日本青年館にて行われた。
この公演は、同年6月から始まった初の全国ライヴハウスツアー「UNDER THE NEW MOON TOUR」の2回目”EPISODE II”のファイナルとして開催。またこの日東京に台風が直撃。嵐を呼ぶバンドとしての現象もここから始まった。一部交通機関が止まる中、ファンを待てるギリギリまで待ち開演。ファイナルにふさわしい圧巻のパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、ツアーでさらに成長したLUNA SEAの新しい世界を見せつけた一夜となった。

140416_04a

hideちゃん(X JAPAN)のぬいぐるみをゲットせよ!なにわのTOMOくんとUFOキャッチャーに挑戦

なにわのTOMOくんとぬいぐるみをゲットに行きました

https://youtu.be/PZNfB94QuJE

hideちゃんのぬいぐるみをコスプレイヤーなにわのTOMOくんと協力してゲットするためにゲームセンターでUFOキャッチャーをしてきました。 トリプルアームのUFOキャッチャーで苦労しました。

 

The Last Song / X JAPAN YOSHIKIさんが話している英語のメッセージの内容を Google翻訳で調べてみたら衝撃的な内容だった!?

 

カラオケでThe Last Songを歌ったらサビ以外は英語のメッセージだったので、その英語のメッセージの内容をGoogle翻訳の力をお借りして調べてみた。 もしよかったらあなたのこの曲の解釈を教えてください

—————————————————————————————

The Last Song

作詞・作曲:YOSHIKI

Watching the stars till they’re gone

Like an actor all alone

Who never knew the story he was in

Who never knew the story ends

Like the sky reflecting my heart

All the colors become visible

I’ll read last line

終わらない雨 抱きしめた 夜が朝を迎える

心はまだ濡れたまま

In endless rain I’ve beem walking

Like a poet feeling pain

Trying to find the answers

Trying to hide the tears

But it was just a circle

That never ends

When the rain stops, I’ll the page

The page of the first chapter

傷つくだけ 傷ついて 解ったはずの答えを

どうしてまだ 問いかけてる

Am I wrong to be hurt

Am I wrong to feel pain

Am I wrong to be in the rain

Am I wrong to wish the night won’t end

Am I wrong to cry

But I know, It’s not wrong to sing the last song

Cause forever fades

気がつけば又 夜の空を見つめる

少しづつ消えていく Our Memories

傷つくだけ 傷ついて 解ったはずの答えを

どうしてまだ 問いかけてる

I see red

I see blue

But the silver lineing gradually takes over

When the morning begins

I’ll be in the next chapter

終わらない雨 抱きしめた 夜が朝を迎える

心はまだ濡れたまま

傷つくだけ 傷ついて 解ったはずの答えを

どうしてまだ 問いかけてる

—————————————————————————————